新しい食との関わり方 『CROWD FARMING』 始動

三重県のみかん農園オーナーとなり、収穫した“みかん”をみんなでシェア

2021/07/08

 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都港区 以下、HIS)は、食に関わる生産者を支え、地域創生に繋げる「HIS FOOD PROJECT」の一環として、三重県のみかん農園のオーナーとなり収穫した“みかん”をシェアする新しいオーナー制度 『CROWD FARMING(クラウドファーミング)』を構築し、参画するオーナーの募集を7月8日(木)より開始いたします。

 HISは、三重県と食関連等産業の自律的・持続的な発展、並びに地域の活性化を目的とした「食の海外展開に係る戦略的連携協定(2019年10月締結)」において、三重県の戦略商材である“お茶”の海外輸出を推し進めるべく、抹茶チョコレートをアゼルバイジャンにて加工し、第三国への転送や、現地でのリパックによる販売、輸出向け加工商材の開発など展開しております。
 このたび、三重県の第二の戦略商材である“みかん”を通じて、新しい食との関わり方として、みかんの産地を認知させ、生育から手元に届くまでの過程を楽しんでいただく『CROWD FARMING』をまずは国内にて始動させ、7月下旬頃より、海外向けのオーナー募集をまずは、アラブ首長国連邦より展開してまいります。

 『CROWD FARMING』とは、『CROWD(集まった大勢の人)』、『FARMING(農業)』を繋ぎ合わせた造語です。自分の農園で成長過程を知った野菜や果物を、みんなでシェアするという選択肢を提供する、「HIS FOOD PROJECT」が提案する新しい食との関わり方を目指した取組みであり、国内外の個人あるいは法人向けにオーナーを募集し、収穫されたみかんやその加工品を堪能していただけるオーナー制度となっております。多くの人々に農業を身近に感じ、農業の未来について考えていけるきっかけになればと考えております。

 

|『CROWD FARMING』の趣旨・概要
URL:https://www.his-j.com/corp/foodproject/project/crowdfarming/mikan.html
①オーナー制度によって事前に購入いただき売上保証をすることで、みかん農園を支援する
②三重県産のみかんやその加工品を世界中の方たちに楽しんでもらい、三重県産みかんのグローバルブランディングに結び付ける
③この仕組みを社会的にも意義のある制度として循環させる
④売り上げの一部は、NPO 法人「子供地球基金」(https://www.kidsearthfund.jp/)に寄附いたします。また、同法人が扱う子供たちの力強い絵を『CROWD FARMING』オーナーに届けられるみかんの加工商品パッケージへ採用します。

《選べる料金プラン》
【スタータープラン・1口:4,500円】 : みかん5キロ×1箱
【スタンダードプラン・1口:14,000円】 以下、3コースより選択
・Aコース(みかん5キロ×5箱)
・Bコース(みかんジュース720ml3本×3箱)
・Cコース(みかん5キロ×2箱+みかんジュース720ml3本×2箱)
 

 

 『CROWD FARMING』制度を促進することで、農家から直接の仕入れルートを構築し、将来的には旅における目的の一つである「食」を通じて食の産地に興味を持っていただき、相互理解の促進に繋がるようHISの新たな事業領域への挑戦を続けてまいります。

 

ページトップに戻る