TOP MESSAGE 代表メッセージ

澤田 秀雄

お客様各位 、関係者各位

 長引く新型コロナウイルス感染症の影響下においても、日頃お客様をはじめHISに関わって下さっている関係者の皆様、株主の皆様より温かいお言葉を頂戴し、心より感謝申し上げます。

 現況下で世界が失いかけている、「笑顔、感動、世界への驚き、未知への興奮、壮大な自然の体感、楽しみで眠れない夜」など、小さいけれどかけがえのない幸せは、HISグループが創業時よりお客様へ提供してきた価値であり、世界や非日常に心震わせることは、人類にとって永久不滅の喜びだと改めて感じております。

 振り返ると、いつの時代も決して順風満帆に進んできたわけではなく、数多くの試練や苦難を乗り越えて現在に至ります。この新型コロナウイルス感染症は過去最大の試練ではありますが、その分、今までにない大きく進化発展できるチャンスの機会となることを確信し、未来に向けて邁進してまいります。

 今回の世界的な危機に直面し、お客様の旅行に対する熱量の大きさを再認識するとともに、改めて観光業が担う役割の大きさに身の引き締まる思いです。未来を見通すことが難しい状況が続いておりますが、アフターコロナの未知、未踏、未聞へ挑戦し、あの時歴史が変わった、あそこがターニングポイントだった、そう未来で語れるよう、今までの歴史の中で最も変化をとげ、最も進化したHISグループになるべく全社一丸で取り組む所存です。

 引き続き、皆様の変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

スタッフ各位

 我々には、たくさんの仲間がいる。そして、仲間の存在が力になる。
お客様の声、お取引様の声、HISグループを応援してくれている方々の声も力とし、一人一人が、HISグループの未来を信じて進み続ければ、必ず道は開ける。諦めずに進み続ければ、今の困難を成功に変えることができるはずだ。

 どんな時も、新しい挑戦こそが成長の原動力である。
この環境を、この機会を、どう過ごすか。今だからこそ、できることを模索し、思考をし尽くし、今日なし得ることに全力をつくそう。お客様の為に、応援して頂いている全ての方の為に、各業界の為に、皆さんの大切な人の為に、そして、皆さん自身の為に。

 継続は、必ず力となる。
 そうして、未来を切り開こう。

Change & Create 挑戦者であれ。

2022年3月
株式会社エイチ・アイ・エス
代表取締役会長、 グループ最高経営責任者(CEO)

澤田 秀雄
矢田 素史

 新型コロナウイルス感染症は3年目に入った現在も、いまだ収束に至ってはおりませんが、お客様をはじめビジネス関係者や株主の皆様からは沢山の叱咤激励のお言葉を賜り大変勇気づけられているところです。心より感謝申し上げます。

 このたび、私は3月1日より会長の澤田とともに代表取締役を仰せつかり、あわせて社長の任も拝命することとなりました。身に余る大役とその重責に恐縮しております。全身全霊を捧げて社業の尚一層の繁栄に尽力してまいります。

 まずは、GoToトラベル問題を教訓とした再発防止のための社内ルールの整備や内部監査の有効性の向上等、ガバナンスの強化を図り、再発防止に邁進しているところです。このような経営環境のなか当社の業績回復と信頼回復が私に課せられた使命だと認識しています。

 このたびのコロナ禍では、HISグループは今までに経験したことのない困難に直面しています。会長の澤田の信条である「危機はチャンスなり」の思いの通り、過去にもSARS(重症急性呼吸器症候群)、世界同時多発テロ、リーマンショックなど世界的な危機が発生するたびにHISグループはそれを乗り越えて発展してまいりました。そうであるならば、今回のコロナ禍も過去にないくらいの大きなチャンスに転換させていくことができるはずです。

 時代とともに人の価値観も大きく変化し、消費行動は「モノ」消費から「コト」消費、そして「トキ」消費へと移行していると言われています。欲しい「モノ」をほとんど手に入れることができた次には、精神的な満足を得るための体験(「コト」)の消費に移行します。そして、その「コト」も一般化してくると、次に消費者は他人とは異なった「トキ」の過ごし方を楽しむことに価値を見出すようになるそうです。旅行は、この「コト」消費と「トキ」消費の最たる対象であり、アフターコロナにおいても巨大なマーケットが存在するものと思われます。
 一方、当社の経営課題のひとつは、事業ポートフォリオにおける海外旅行事業の売上高や利益の比率が非常に高いために当社の業績が外部環境の影響を受けやすいことです。このため、現在、事業の多角化を進めており、非旅行事業の売上高や利益の比率を高めようとしています。旅行事業の深化と非旅行事業の探索を同時に実現することを目指しています。

 コロナ禍を経験してひとまわりも、ふたまわりも成長・進化したHISグループとなるべく全社一丸となって業績回復と信頼回復に取り組んでまいります。
 引き続き、皆様の叱咤激励を賜りますようお願い申し上げます。

2022年3月
株式会社エイチ・アイ・エス
代表取締役社長

矢田 素史
ページトップに戻る