CSR APPROACH CSRの考え方

CSRの考え方取締役常務執行役員 CSR担当 織田 正幸

取締役常務執行役員 CSR担当 織田 正幸 事業を通じて、世界平和に貢献することを目指すHISグループにとっては、事業活動そのものが社会的価値を生むCSRになること(つながること)を理想とし、2つのテーマを掲げ日々実践しています。
中期に向けた重点として設定している2つのテーマは、「旅行マーケットの拡大」と「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の推進」です。
「旅行マーケットの拡大」は、基幹事業である旅行業においてはマーケットリーダーとして、国籍、人種、文化、宗教などを越えた相互理解を促進するために、世界の交流人口を増やし、旅行マーケットを活性化させることが、私たちに課せられた社会的役割であると考えています。
コロナ禍においても私たちの社会的役割を充足させるために、リアルな旅行の実施が難しい中、新規事業としてオンラインツアーへの取り組みを強化しております。オンラインにより環境変化に対応し、従来の目的通り特に若い世代の海外旅行経験を推進すること、また従来旅行に出ることが難しかった旅行弱者の方々にも、オンラインの特性を生かし今まで以上に気軽に旅行機会を得ていただくことによって業界全体に新機軸を打ち立てることと、リアルな旅行が再開された際には、ご旅行者の事前体験の場として定着させ、マーケット全体の拡大に寄与してまいります。そして、オンラインツアーを体験された方が、リアルな旅行と同様に各地域で抱える社会的課題に触れる機会を創出できれば、その気づきから新たな行動が生まれる“きっかけ”を提供することとなり、その連鎖を広げることが、課題解決に向けた大きなエネルギーになると信じています。
また「D&Iの推進」においては、多様な価値観を許容できる組織だからこそ、さまざまなお客様のご要望にご満足いただけるサービスを提供できるのだと考え、まずは社内のD&Iとして、国籍や環境が異なる多様な社員が活躍できる職場を作ることを推進してまいります。
その上で、追求するのは、お客様、関係者の皆様、社員の “喜び” です。
価値観を受容し、社員一人ひとりが自らの仕事にやりがいを見出し、誇りと自信をもって日々業務に取り組みHISグループの各社がさまざまな領域で発展することで、社会・地域に貢献しお客様に幸せを提供する。その基盤強化のためにも、D&Iの推進が非常に重要と位置付けています。
これからも、HISグループはお客様、社員、取引先の皆様、地域・社会の皆様、私たちに関わる全ての皆様のために取り組みを続けてまいります。

自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する
自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する ※タップして拡大

コーポレート・ガバナンス体制

HISグループでは、企業理念の下に、その社会的責任を果たすため、ステークホルダーの皆様から信頼される企業を目指し、コーポレート・ガバナンス体制の中にCSR推進活動を組み込んでいます。持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指して、コーポレート・ガバナンスについては一層の強化を図ってまいります。

UNWTO*世界観光倫理憲章への誓約 ※UNWTO:世界観光機関

HISグループは、2014年9月、同憲章への誓約に対して署名し、社内外への啓蒙活動に努めています。
同憲章は、観光分野における人間(特に子ども)の搾取の撲滅、自然環境の保護、観光客に対する誠実な情報提供、労働者の基本的権利の保障、文化遺産の価値向上への貢献、受入国や地域社会に有益な活動の実践など、責任ある持続可能な観光を実現するために各国政府、観光業界、地域社会、旅行者等の観光産業の発展に携わる関係者が自発的に取組む事項が定められています。

ページトップに戻る