PROFILE

長井 超生

2012年入社

変なホテル舞浜
東京ベイ マネージャー

挑戦できる社風の中で、
今までもこれからも新しいことを。

大学では経済や経営について勉強し、就活はポリシーもビジョンも持たず、あらゆる企業にやみくもにトライ。「どこでもいいから入れればいい」「そのうちどこかの会社に入れるだろう」といういい加減な気持ちが見抜かれたのか、ことごとく不採用。面接では「甘い」と繰り返し言われ、ダメ出しをされ続けました。このままではいけないと、自分がやってきたこと、これからやりたいことを冷静に分析。この段階で気付くなんて、遅すぎるんですけどね(笑)。
自分が好きなことは旅行で、将来は起業して会社を経営してみたい。そうだ、旅行業界はどうだろう。バックパッカーをしていたとき、HISはとても親切に応対してくれたことを思い出し、就職説明会へ。旅行業の枠を超え、さまざまな事業に取り組み続けている経緯と実績、若いうちから責任あるポジションを任せてもらえることなどを聞き、この会社しかないと思い、きっとその強い気持ちが通じて入社できたのでしょう。
入社して店舗配属となり、カウンター業務や商談、新店立ち上げなど、さまざまな業務に携わりました。そろそろ別のことをやってみたいと思っていたころ、新しくつくるホテルの支配人の社内公募があり、応募したところ採用が決定。 ホテル立上げを任されたメンバーは、私もふくめホテル事業の経験が一切ありません。
ホテルというのは、旅行の思い出を左右します。ホテルのサービス、ロケーション、料理、リラクゼーションなどが旅行の楽しさに直結する大切な要素です。
はたして未経験者ばかりでできるのだろうかという不安は感じましたが、絶対に成功させるんだという揺るぎない姿勢が自分たちにも会社にもありました。
「ナンバーワンでオンリーワンになる」気持ちを全員が持ち、1人で5つも6つも職務を担当、支配人の私は総務、人事、経理、業者との交渉など、すべて行っています。日々あたらしい知識を得て、毎日成長できている実感がやりがいです。
スタッフの意志を尊重し、さまざまな挑戦ができるHISに向いているのは、決断力があり、仕事を楽しめる人。それは、どんな仕事でも同じかもしれませんが。
たとえば、私が支配人を勤めている「変なホテル」には、実にさまざまなお客様がいらっしゃいます。もし、目の前に困っているお客様がいるとしたら、どんな行動が取れるでしょう。お客様のためになると自分で思いついた行動を瞬時に決断できるかどうか。すぐに行動してください。バックアップやフォローは、支配人である私がしますから。
そして、仕事を楽しむというのは、やったことがないことや、あたらしい何かを覚えることが好きな人です。ホテルの仕事は覚えることが山ほどあるうえに、完璧がありません。サービスに限界はないと考えています。
このようなことが理解できる人と、思いをひとつに仕事をして、人もホテルも成長していきたいですね。