エイチ・アイ・エス採用情報 RECRUITING

Interview
自分の心に耳を傾け、
見つけた夢が
新たな挑戦の糧となる。

平井 里佳
Hirai Rika

平井 里佳

経理

グアム支店 原価計算マネージャー
/1999年 中途入社

Profile

オンライン予約センターの新規立ち上げに携わる。
その後、WEB制作チームや九州法人営業グループでもリーダー職を務めた。
2023年より、グアム支店で原価計算マネージャー(Cost Accounting Manager)として活躍している。

Career
  • 1999関東営業本部 高田馬場営業所 経理・旅行コンサルタント
  • 2002九州営業本部 トラベルワンダーランド九州 旅行コンサルタント
  • 2007九州メディア予約センター オンラインセクション 主任 → 所長
  • 2012九州営業本部 WEB制作チーム 担当リーダー
  • 2014業務グループ TOURディビジョン ランド手配チーム チーフ
  • 2017法人営業本部 九州法人営業グループ
    オペレーションマネージャー → チームリーダー
  • 2023グアム支店 原価計算マネージャー(Cost Accounting Manager)
大好きなハワイを、もっと楽しく観光してほしい

" 大好きなハワイを、もっと楽しく観光してほしい "

――― 旅行会社を目指すきっかけは何でしたか?

大学卒業後、ハワイへ留学したことがきっかけです。
留学中、街中で困っている観光客の方や、スムーズに観光できていないな、と感じるシーンを見かけることがよくありました。
出発前におすすめの場所などをご案内できれば、きっともっと楽しく観光してもらえると気付いたんです。

「大好きなハワイを、もっと多くの人に、もっと楽しく観光してほしい。そのお手伝いをしたい。」という思いが強くなり、旅行会社への入社を目指すようになりました。

――― 卒業後にハワイに留学したとのことですが、なぜ留学しようと思ったのですか?

小学生の頃から、英語を話すことが自分にとって楽しいことだと感じていました。
家族でハワイに行った想い出も強く印象に残っていて、楽しさをもっと知りたいという気持ちがあり、英語を話す環境で生活することや留学することが、ずっと夢だったからです。

仲間の活躍に「自分も頑張ろう」と思える

" 仲間の活躍に「自分も頑張ろう」と思える "

――― HISに入社してすぐ、どんな仕事に携わりましたか?

営業所で経理を担当しました。
「ハワイ旅行を多くの人にご案内したい」との動機で入社したので、当初は経理での配属ということに戸惑いました。
しかし、どの部署にいた時もお金に関わる仕事はあったので、経理を経験できて良かったと思います。

また、経理を担当したのは1年間でしたが、その間に旅行の販売を手伝ったり、勉強もしていたので、旅行コンサルタントになった際はスムーズに業務を行うことができました。

職場の環境は、周辺に大学が多かったので学生旅行の手配が多く活気がある営業所でした。同年代のスタッフが多かったので、同僚と休日にドライブやキャンプに行ったりして楽しく過ごしました。
今では当時の仲間がさまざまな部署で活躍しており、それが刺激になって「自分も頑張ろう」と思える関係性が糧になっていると感じます。

――― 現在はどのような仕事を担当していますか?

グアム支店で、事業のコスト管理の仕事を任されることになりました。ツアーの計画や手配における費用対効果に焦点を当て、収益性を改善することが任務です。

パッケージツアー、グループツアー、FITツアーの各旅行商品およびサービス(ホテル、交通機関、レストラン)など、支店運営全体のコスト分析を行い、その情報を基に経営陣と協議しながら、収益を確保するための戦略と手順を開発することが目標です。

すべての経験が今の自分の糧になっている

" すべての経験が今の自分の糧になっている "

――― これまで経験した仕事の中で、今の平井さんに活きていると感じる出来事はありますか?

私はさまざまな部署を経験してきましたが、その中でも特に印象深いのは、オンライン予約の部署を新規で立ち上げたことです。
ゼロから仕組みを作るという経験にはなかなか巡り合えることではないので、自ら手を挙げて挑戦しました。
最初にご予約が入った時は、とても感動したことを覚えています。

現在、オンライン予約はお客様にとっても便利な予約ツールであり、重要な部門の一つになっているので、その経験は自分の誇りにも繋がっていますね。

――― ジョブローテーションで培った経験や関係性が、今の仕事にもしっかりと活きているのですね。

はい。すべての経験が今の自分の糧になっており、無駄だったことは一つもありません。

今になって思うのは、「バッターボックスに立つのは力をつけてからのほうがいい」ということです。
私自身「ハワイのことを伝えたい」との思いで入社しましたが、ハワイに深く関われたのは、いくつかの部署を経験した後にツアーのランド手配の仕事をしていた時だったので、入社時の想いはすぐ思い通りには叶いませんでした。
その部署で、旅行コンサルタントに対してハワイに関するアドバイスすることなどを通し、やっと自分が入社した時に思い描いていた形でハワイに関われたと思います。

「本当にやりたいこと」という球は、色んな場所でしっかり武器を身に着けてから挑戦することで、より確実に打てるようになると思います。
HISはジョブローテーションの機会がある会社だと思うので、そういった考え方もあるということを、未来のHIS社員の方にお伝えしておきたいです。

いつも夢を持っている自分でありたい

" いつも夢を持っている自分でありたい "

――― 平井さんがHISで働き続ける原動力は何でしょう?

周りのスタッフの方のパワーに引っ張られて、未来志向でいられることが大きいですね。
私はもともとネガティブな方だと思っていますが、リーダーの方含め、スタッフの明るさ、前向きさに元気をもらってきました。

また、ジョブローテーションを多く経験する中で、新しい仕事に挑戦するたびに、自分さえ気付かなかった自らの可能性に気付けたことが、この会社で働き続けたいと思う理由でもあります。

そしてHISでの仕事は、自分の夢やライフワークに通じるのではないかな、とも思っています。

――― 平井さんの「夢」は何でしょうか?

私はダンスをしているのですが、ダンスを通して、国を超えて人と人が繋がっていくことが一つの夢です。
ダンスは世界の共通語だと思っています。手をたたいたり、ジャンプをするだけでも笑顔が生まれ、みんなが仲良くなるきっかけになる。
それをもっと多くの人たちに体感してほしいし、日本のみならず、世界に広げていけると良いなと思います。

仕事に直接関係しているわけではないですが、「世界を繋げたい」という想いは同じだと思っています。

――― 最後に、未来の後輩に向けてメッセージをお願いします!

「あなたの夢は何ですか?」と問われたとき、大きくても小さくても、いつも何か答えを持っている自分でいてほしいです。
常に自分の心の声に耳を傾け、正直に自分と向き合う。自分がどこにいて、何を目標にして、どんな夢をみているのか。
それを常に追い求めてほしいなと思います。

そして、夢は少し突拍子もないことのほうが楽しいです。
私のダンスの夢もそうですし、グアムに来てからは、「グアムで何か一つでも楽しいことを作りたい」と考えるようになりました。
グアムの人たちが少しでも笑顔になることを作ることができたら良いな、と思います。また、日本から来た方にも「グアムって楽しい場所だな」と感じ、素敵な想い出を作ってほしいです。

もし皆さんの夢が世界を志向しているものであったり、そこに冒険心があるのならば、HISは皆さんの未知なる可能性が見つかる場所かもしれません。
私も今現在、絶賛、未知なるアドベンチャー中です。

ある1日の仕事のながれ

  • 8:45

    出社・昨日の数値チェック

  • 9:30

    データ集計

    パッケージツアー、ホテル、オプショナルツアーに関するデータ集計

  • 12:00

    ランチ

  • 13:00

    ミーティング

    グループ内関係会社へのアウトソーシング業務のミーティング

  • 15:00

    プランニングチームとの精算確認

  • 16:00

    コスト分析するためのツール改善

  • 17:45

    退社

※社員の所属等は、取材当時のものです。