社会貢献活動

社会貢献活動

ISO26000 中核主題対照表

中核主題 課題 取り組み項目
組織統治   H.I.S.会長兼社長インタビュー
H.I.S.副会長インタビュー
CSR推進方針と体制
コーポレート・ガバナンス
人権 デューディリジェンス さわやかホットライン
人権に関する危機的状況  
加担の回避  
苦情解決 さわやかホットライン
差別及び社会的弱者 障がい者雇用を促進
市民的及び政治的権利  
経済的、社会的及び文化的権利 ユニバーサルツーリズム
労働における基本的原則及び権利 従業員満足の追求
労働慣行 雇用及び雇用関係
従業員満足の追求
労働条件及び社会保障
労働環境の改善
子育て支援
社会対話
 
労働における安全衛生
労働環境の改善
職場における人材育成及び訓練 次世代を担う人財育成
人財育成
環境 汚染の予防  
持続可能な資源の利用 自然との共生
気候変動の緩和及び気候変動への適応 自然との共生
環境保護、生物多様性、及び
自然生息地の回復
地球環境を考えるエコツアー
次世代エネルギーパーク ハウステンボス
公正な事業慣行 汚職防止  
責任ある政治的関与  
公正な競争 いい旅研究室
バリューチェーンにおける
社会的責任の推進
いい旅研究室
財産権の尊重  
消費者課題 公正なマーケティング、事実に即した
偏りのない情報、及び公正な契約慣行
お客様満足の追求
消費者の安全衛生の保護 お客様満足の追求
持続可能な消費 次世代エネルギーパーク ハウステンボス
海外拠点のCSR活動
消費者に対するサービス、支援、
並びに苦情及び紛争の解決
お客様の声からの改善事例
旅の新しい提案
消費者のデータ保護及びプライバシーー  
必要不可欠なサービスへのアクセス お客様満足の追求
教育及び意識向上 お客様満足の追求
コミュニティ参画
及び発展
コミュニティへの参画 「地域社会との調和」全ページ
教育及び文化 次世代を担う人財育成
学びと交流の旅
地球環境を考えるエコツアー
海外拠点のCSR活動
雇用創出及び技能開発 「地域社会との調和」全ページ
技術の開発及び技術へのアクセス  
富及び所得の創出 「地域社会との調和」全ページ
健康  
社会的投資 宇宙旅行に向けた新しい一歩
変なホテル・世界一生産性の高い植物工場

編集方針

当レポートはCSR活動の取り組みをステークホルダーの皆様にご理解いただくとともに、皆様とのコミュニケーションを促進していく重要な媒体と位置付けています。ISO26000をCSR活動のガイダンスとして活用し、組織の社会的責任における7つの中核主題を中心テーマとして活動しています。また、サステナビリティ レポーティング ガイドライン2006を参考として、サステナビリティに関係する、社会、環境、経済の3分野に関する報告書としても対応させています。

対象範囲と期間

【対象範囲】

H.I.S.グループを対象としていますが、一部対象範囲が異なる箇所は、その旨を明記しています。

【対象期間】

2016年 10月期 (2015年11月1日〜2016年10月31日)
一部この期間外の情報が含まれている箇所は、その旨を明記しています。

【発行】

2017年1月

【参考にしたガイドライン】

ISO26000:2010(Guidance on social responsibility)第1版
GRI(Global Reporting Initiative):「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第3版(G3.1)」

免責事項

本レポートに記載されている表やグラフの数値は、四捨五入して表記しているため、合計値と異なる場合があります。また、対象範囲の拡大や算出方法の見直しに伴い、一部過年度データを修正している箇所があります。